【新型流感】感染人數擴大為262人 43病例分析日本厚生勞動省:「不需住院治療」

日本厚生勞動省於5月20日公布由國立感染研究所及神戶市保健所,針對43個新型流感確診病例所進行的症狀分析結果。分析報告中作出以下結論:「確診病例症狀與季節性流感類似,所有新型流感患者在醫學專業認定上,研判並無住院治療必要。」另外,據統計日本國內經診斷確認感染新型流感人數已增加至262人。

根據上述分析,感染者平均年齡為17歲,性別比例方面,男女比例為1比1.3。90%以上患者出現38度以上高燒徵狀,經服用抗病毒藥物後,有42位經研判無住院必要。

厚生勞動省擬於本周內完成整合的對抗新型流感行動計畫,將納入上開病例分析結果作適度調整。原則上,修正後的行動計畫,將就停課學校範圍與檢疫加強措施的縮減,以及有重症疑慮的慢性病患者的處理等因應措施,配合地區感染情況,進行細部指示。

另,本日滋賀縣亦傳出新型流感的確診病例。感染者為大津市的23歲男性大學生,無出國旅行紀錄,但曾於本月15日至17日造訪神戶。滋賀縣是繼兵庫縣及大阪府之後,第3個傳出新型流感確診病例的日本地方自治團體。

5月20日日本時間晚間8點,由日本厚生勞動省公布的確診病例數及分布地區,分別為兵庫縣140人、大阪府117人、滋賀縣1人,外加成田機場檢疫發現病例4人,合計為262人。目前未傳出重症病例。

(原文與連結請點繼續閱讀)

【新型インフル】262人に感染拡大も「入院必要なし」 厚労省

新型インフルエンザ対策で 厚生労働省は20日、国立感染症研究所と神戸市保健所が行った感染者43人の症状分析結果を公表した。分析は「季節性インフルエンザと症状が類似してお り、全例を医学的に入院させる必要はないことが示唆される」と結論づけている。一方、感染者は262人に拡大した。

 結果によると、感染者の平均年齢は17歳。男女比は男1に対して女1・3。90%以上に38度以上の高熱があり、抗ウイルス薬を投与したところ、42例は入院の必要なしと判断された。

 厚労省では週内にとりまとめ予定の行動計画の改訂の中に、分析結果を反映させる。改訂版では、学校の一斉休校範囲の縮小、検疫強化の縮小、重篤化の危険がある慢性疾患患者の扱いなどを、地域での感染状況に合わせてきめ細かく提示する方針。

 また同日、滋賀県でも感染が確認された。大津市の男子大学生(23)で、渡航歴はないが15~17日にかけて神戸市を訪れていた。感染確認は兵庫県、大阪府に続いて3府県目。

 厚労省によると、20日午後8時時点の感染者は兵庫県140人、大阪府117人、滋賀県1人、成田の検疫で確認の4人と合わせ262人。重篤者の報告はないという。

 

創作者介紹
創作者 sahanji 的頭像
sahanji

非日常的日常觀察日誌

sahanji 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()